OSS ERP JPiere

JPiereコンフィギュレーションズ【JPCS】


 JPiereコンフィギュレーションズでは、iDempiereのパラメーター設定だけでカスタマイズを行っており、その実態はPostgreSQLのダンプファイルです。

 iDempiereはアプリケーション辞書を中心としたパラメータ設定だけでも多くのカスタマイズが可能であり、適切にパラメータ設定を行う事で使いやすさが格段に向上します。JPiereコンフィギュレーションズでは、iDempiereのデフォルトのパラメータ設定を見直して、予め使いやすい状態にして提供しています。

JPiereコンフィギュレーションズの主なカスタマイズ

 JPiereコンフィギュレーションズでは主に次のようなカスタマイズを行っています。

ウィンドウ(標準画面)の追加

 例えば、iDempiereには400を超える標準画面(ウィンドウ)があらかじめ用意されていますが、その画面の多くは、横:縦比が4:3の頃のモニターに合わせて横2列の項目表示になっています。このままでは現在主流の横:縦比は16:9の横長のモニターの特徴を活かせないので、JPiereでは横3列の項目表示にしています。横2列表示の画面よりも1画面に表示される情報量が増え、横:縦比が4:3のモニターでも見やすくなっています。

 このように予めレイアウトが整っている画面を用意しておくことにより、システム導入時の要件定義のミーティングの際に、導入企業の担当者の前で実際に画面をカスタマイズしてその場で画面レイアウトを確定する事ができるようになります。実際の画面イメージをプロジェクトの早い段階で共有する事ができるのでスムーズなプロジェクト運営にも貢献します。

検索ウィンドウ(レコード検索画面)の追加

 iDempiereは検索ウィンドウもパラメータ設定だけで作ることができます。検索する対象のデータは同じテーブルのデータであっても、そのデータを使用する場面事に検索要件が異なる事はよくある事です。

 そこで、JPiere コンフィギュレーションズでは、その検索場面事に最適な検索ウィンドウを予め用意しています。

レポート(帳票/証票)類の追加

 iDempiereに予め用意されているレポート(帳票/証票)類はあくまでもサンプルですので、実際にiDempiereを運用する際には、レポートをいくつも追加開発する必要があります。

 そこでJPiereコンフィギュレーションズでは、業務を管理する上で必要とされるチェックリストなどと呼ばれる一覧レポートや、納品書や請求書などの証票類を出力する定型レポートを予め多数用意しています。

iDempiereを早く&軽くするためのパラメータ設定

 iDempiereはパラメータ設定を変更する事により、画面の表示速度が向上したり、サーバー側の処理を軽減するパラメータ設定があります。JPiereでは、それらのパラメータ設定を常に見直し、最適化できるように努めています。

その他のカスタマイズ

 JPiereコンフィギュレーションズのカスタマイズの一覧や詳しい仕様は下記で公開しています。

JPiereコンフィギュレーションズのリポジトリ

 JPiereコンフィギュレーションの実体であるPostgreSQLの最新ダンプファイルを含む、JPiereコンフィギュレーションズのカスタマイズリソースは下記のリポジトリで公開しています。

 JPiereコンフィギュレーションズはGPLver2のライセンスのもと無料でご利用頂けますが、iDempiere及びJPiereを正しく評価及び活用するためには、少なくとも私たちがiDempiereベーシックトレーニングとして提供しているレベルの知識やノウハウが必要になるはずです。iDempiere及びJPiereを活用したいとお考えの方は、iDempiereベーシックトレーニングの受講をぜひご検討下さい。