OSS ERP JPiere

JPiere モディフィケーションズ【JPMS】


 iDempiereのコアなソースコードに修正を加える必要がある場合は、JPiere モディフィケーションズとして区分管理しています。JPiere モディフィケーションズは、OSGiのフラグメントの機能を活用し、直接ソースコードを修正するモデイフィケーションは行わず開発していますので、iDempiereのバージョンアップも容易に行う事ができます。

JPiereモデイフィケーションズの主なカスタマイズ

 iDempiereの標準機能である一覧レポートは、1レコードの情報を複数行にして表示する事ができますが、残念ながらヘッダー行は複数行表示されません。そのため、JPiereモディフィケーションズではヘッダー行もレコード行に合わせて複数行表示できるようにしています。

一覧レポートヘッダの複数行表示
一覧レポートヘッダの複数行表示

ブラウザ互換問題

 JPiereでは、主要なブラウザはほとんどサポートしていますが、ブラウザが異なる事により互換性の問題が2015年5月現在2つほど発見されています。プラウザ互換問題は、対象となるブラウザを使用しない限りは関係ないので、希望される方に対してJPiereモディフィケーションズとして提供しています。

その他のカスタマイズ

 JPiereモデイフィケーションズのカスタマイズの一覧や詳しい仕様で公開しています。

JPiereモデイフィケーションズのリポジトリ

 JPiereモデイフィケーションズのソースコードは下記のリポジトリで公開しています。

 JPiereモディフィケーションズはGPLver2のライセンスのもと無料でご利用頂けますが、iDempiere及びJPiereを正しく評価及び活用するためには、少なくとも私たちがiDempiereベーシックトレーニングとして提供しているレベルの知識やノウハウが必要になるはずです。iDempiere及びJPiereを活用したいとお考えの方は、iDempiereベーシックトレーニングの受講をぜひご検討下さい。