iDempiere(アイデンピエレ)


iDempiere

 iDempiere(アイデンピエレ)は、ADempiere(アデンピエレ)の後継となるオープンソースのERPです。

 iDempiereの頭文字の"i"は、OSGiの"i"であり、ADempiereとの違いはその名前が示す通りOSGiを取り込んでいる事です。

 iDempiereでは、OSGiの仕様を取り入れプラグインによる機能拡張ができるのようになっています。このプラグインによる機能拡張は、他の(商用)ERPと比べても優れている点だと言えるでしょう。

 オープンソースのERPは業務アプリケーションの開発基盤(開発フレームワーク)という一面がありますが、iDempiereではプラグインによる機能拡張により、業務アプリケーションの実行基盤として、業務アプリケーションのオペレーティングシステムとも言える役割も担える器になっています。

iDempiere概要

iDempiereとは

 iDempiereとは「GPL(General Public License)2」のもとにソースコードが公開され、ライセンス料が”無料”で使用する事のできる”オープンソース”の”ERP”。

業務的な特徴

  • 購買管理、在庫管理、販売管理、生産管理、会計管理、顧客管理など、一連の業務機能が既に実装されている。
  • 1企業で導入できるのはもちろん、グループ企業(複数企業)にも導入できる。
  • 世界中で使用されておりグローバル対応(多言語対応、多通貨対応)されている。
  • 充実した内部統制機能(業務フローの統一、権限管理と操作ログの履歴管理)。

システム的な特徴 ---> 業務アプリケーションの開発フレームワーク!

 オープンソースとして世界中の人々が開発に参加するのは、有用性がありシステムアーキテクチャが優れている証拠!!  この洗練されたシステムアーキテクチャが複雑な業務システムの実装を支えています。

  • Compiere ⇒ ADempiere ⇒ iDempiere(OSGi + ADempiere)と発展している元祖オープンソースのERPの系譜。
  • OSGiのプラグイン構造による機能の拡張性の高さとアプリケーション辞書とモデル駆動アーキテクチャを中心とした、柔軟性と開発生産性の高さ。
  • クラウド環境でも利用できる。

世界で認められているオープンソースのERP

 IT情報サイトInfoWorldでは毎年カテゴリ毎にベストなオープンソースを選びBest of Open Source Software(Bossie) Awardsとして表彰しています。この賞を元祖オープンソースのERPであるCompiereの系譜のシステムが、毎年のように受賞しています。その受賞の根底にあるのが、有用性とすぐれたシステムアーキテクチャでしょう。 iDempiereも2015年に受賞しています

Bossie Awardsの受賞
Bossie Awardsの受賞

iDempiereのシステム構成

 システムを構成するソフトウェアは、オープンソースのものを選択すれば、ライセンス料はすべて”無料”の構成とする事もできます。ライセンス料は一般的にシステムを使用している間は支払わなければいけませんので、ライセンス料が"無料"である事は、システムの使用期間が長ければ長くなるほど、コスト削減効果が大きくなります。

iDempiereのシステム構成
iDempiereのシステム構成

iDempiereの歴史

 iDempiereは、そのもととなったCompiereの頃から考えると15年以上の歴史のある、元祖オープンソースのERPとも言えるシステムです。しかしながら、ERPシステム全体の歴史を考えた場合は、後発となるERPであり、それまでのERPで培われたノウハウが反映され、先進的な洗練されたシステムアーキテクチャとなっています。

iDempiere(アイデンピエレ)の歴史
iDempiere(アイデンピエレ)の歴史

iDempiereの業務機能全体像

 iDempiereの業務機能の中心となるのが「販売管理」、「購買管理」、「在庫管理」、「生産管理」、「会計管理(財務会計/管理会計)」、「顧客管理(CRM/SFA)」の6つです。

 この6つの業務機能を中心に、非常に多くの業務管理機能が実装されています。

iDempiereの業務機能全体像
iDempiereの業務機能全体像

拡張性、開発生産性、柔軟性が高いシステムアーキテクチャ

 iDempiereは、OSGiによるプラグイン構造により拡張性が高くなり、ADempiere/Compiereの頃より持ち合わせている開発生産性の高さと柔軟性をあわせもつシステムアーキテクチャになっています。

 この拡張性、開発生産性、柔軟性の高さは他のERPと比較しても優れいていと言えでしょう‼

iDempiereの開発手法概要
iDempiereの開発手法概要

 iDempiereは、モデル駆動アーキテクチャを採用しており、アプリケーション辞書とよばれるシステムを動かすためのメタデータとともに、開発生産性の高さとシステムの柔軟性を実現しています。

iDempiereのシステムアーキテクチャ
iDempiereのシステムアーキテクチャ

iDempiereの情報サイト

 iDempiereのWikiです。iDempiereの情報は、ADempiereのWikiやCompiereのWikiも参考にする事ができるので、英語の資料は豊富にあります。

 Googleグループを使用して運営されているiDempiereのフォーラムです。

 iDempiereプロジェクトで使用しているチケット管理システムのサイトです。不具合や改善要望、新機能のチケットなどが掲載されています。過去のチケットを参照する事により、その機能の開発の経緯や技術的な情報を参照する事ができます。

 不具合の情報もつつみ隠さず公開されているのがオープンソースの良い所だと思います。セキュリティーに関係するようなクリティカルな不具合が報告された場合には、過去の対応を観察しているとiDempiereプロジェクトとしてとても迅速に対応しています。一方で、パッチが提供されていたり、あまり大した事が無い不具合については対応が遅い事もあります。

 iDempiereのソースコードを管理しているサイトです。このサイトより最新のソースコードをダウンロードする事ができます。

 iDempiereのCI(continuous integration)を行っているサイトです。

 iDempiereのインストール方法や開発環境構築について記載されているWikiです。iDempiereプロジェクトのリーダーの一人であるカルロス・ルイス氏がメンテナンスしているWikiです。IDempiere/Full Meeting Minutesでは、毎週水曜日午後10時(日本時間)から行われるiDempiereのコミュニティーミーティングの議事録が掲載されています。この議事録を通して、今後のiDempiereプロジェクトの方向性などを知る事ができますし、ミーティングには誰でも参加する事ができます。

 私たちの代表が個人で運営しているサイトです。

私たちがiDempiereをソリューションに使用する理由

 私たち株式会社オープンソース・イーアルピー・ソリューションズが現在提供しているソリューションは主にiDempiereを使用しています。私たちがオープンソースのERPを使ったソリューションの第1候補としてiDempiereを選択しているのには次のような理由があります。

ERPとして機能の豊富さ

 ERPシステムとして紹介されているソフトウェアは有料/無料、オープンソース/非オープンソースを問わず色々ありますが、その中にはERPと呼ぶには機能が足りないものも少なくありません。iDempiereは、Compiereの頃より考えるとオープンソースのERPとしては、元祖とも言える歴史があり、ERPとして必要とされる機能が備わっています。

 

開発生産性の高さとシステムの柔軟性

 iDempiereは、オープンソースのERPとして長い歴史がある一方で、ERPとしては後発の部類に入り、システムアーキテクチャとしては洗練されたものになっています。足りない機能があった場合でも、それを開発する生産性の高さと、システムの柔軟性は他の商用ERPと比較しても優れていると言えるでしょう。

 ERPとしてではなく、業務アプリケーションの開発基盤としても使用できるほど開発生産性が高く、柔軟性のあるシステムアーキテクチャになっています。

 

完全コミュニティー運営によるオープンソースのERP

 オープンソースのプロジェクトは数えきれないほどありますが、その中でも有名なオープンソースには、オープンソースとしてコミュニティーは存在するものの、特定の企業がほぼ独占的に開発しソースコードを公開しているようなケースも少なくありません。

 特定の企業が独占的に開発する事は、資金やプロジェクト運営、マーケティング的な側面で大きなメリットがあります。しかし一方で、そのオープンソースを支えるコミュニティーの意向を無視するような事を行う場合もあります。過去にCompiereが商業化の方針に舵を切り、コミュニティーから見放されたのは苦い経験です。しかし、残念な事に同じようなケースは他のオープンソースでも散見されます。

 はじめはオープンソースとして支持を集め、ある程度有名になった段階で、有料版と無料版とで機能を分けたり、ライセンス料を値上げしたりする事はよく行われている事なのです。

 iDempiereは、完全なコミュニティー主導で運営されており、何より"Free"である事に高い誇りを持っているプロジェクトです。この"Free"には"無料"という意味もありますが、それより"自由"という意味の方がiDempiereプロジェクトにとっては重要です。Compiereの苦い経験を踏まえて、iDempiereプロジェクトは特定の企業に縛られない自由を誇りとして運営されています。特定の企業が関与しない事でマーケティング活動などマイナスな面もありますが、特定の企業に振り回されず安心して使えるメリットがあります。

 iDempiereのプロジェクトが"自由"であるために、iDempiereプロジェクトでは透明性も大切にしており、プロジェクト運営の情報は公開され、だれでも参加する事ができるようになっています。

 

開発言語がJavaである

 システムを使用する企業側から考えると、そのシステムの開発言語がなんであろうと関係ないと思うかもしれません。しかし、開発する側から考えると技術者の確保という面では、非常に重要です。そして、実は使用する企業側にしても、ベンダロックインを避けるためにも重要なのです。その点でJavaの技術者は非常に多く、私たちがiDempiereをソリューションの第1候補とする理由の1つでもあります。

 

システム環境はすべてオープンソースで構築する事ができる

 iDempiereのシステム環境は、OSやDBなどのミドルウェアを含めてすべてオープンソースで構築する事ができます。iDempiereのコミュニティー自体が、使用する技術はオープンになっているものに拘って使用しています。

 

オープンになっているからこその安心感

 iDempiereでは、コミュニティー運営でも、使用する技術においても透明性を大切にしています。日本では、OSやミドルウエアレベルではオープンソースの活用が積極的に行われるようになってきましたが、アプリケーションレイヤーではまだ心理的な抵抗が強いように思われます。

 しかし、iDempiereプロジェクトのように、ここまで透明な運営がされていればそれほど不安に思う事は無いはずです。反対に、商用業務アプリケーションのようにソースコードや不具合の情報などが隠ぺいされている不透明な方が不安に思えてくるのではないかと思います。

 

技術の蓄積と経験がある

 日本でのオープンソースのERPの導入実績は、少しずつですが確実に増えています。その事例の多くは、iDempiere/ADempiere/Compiereです。この技術の蓄積と経験があるからこそ、私たちは提供するソリューションの第1候補としてiDempiereを選択しています。